美容の仕事。

ブログ、三日坊主にならずに頑張って
綴っていきます。

今日は、美容の仕事について書きます。

私は小さい頃からなりたいことしたいことが
たくさんありました。

ネイリスト、画家、ピアノ演奏者、
イラストレーター、ヘアメイク、着付け師、
美容師、漫画家、歌手、、、

なりたいものはあったけど、
すぐ飽きたり諦めることが多かったです。

今はエステティシャンという仕事がやっと1年続き、
今の職場もいい人ばかりで
このままいい環境が続けば、
ずっと今の会社を続けたいと思っています。

バイトではあるけど、休みもきちんとあるし、
やりがいもあって、知識も増えるし、
なにより自分を大切にできる。

お客様ともしっかり時間をかけて向き合っていくことができるし、悩みや相談にも乗ってあげられる。

こんな素敵な仕事は他にないです。

エステティシャンという仕事について、
やっと生き甲斐を感じてきたような気がします。

もっともっと貢献できるように
頑張れたらと。。

また、綴ります。

小さなわたし。

今日は、小学校から専門までの私について
綴ろうと思います。

もともと私は控えめで気弱で、
小さいときから人の顔色ばかり伺う
子供だった気がします。

小学校で苦手な先生がいて、毎日
熱を出し早退したり、強気な女の子に
いじめられそしていじめ返すこともあり、
仲のいい友達が先輩と仲良ければ妬む、
この辺りから歪んだ性格だった気がします。

中学校に入り、さらに人見知りが激しくなり、
この頃は一番根暗だったと思います。
友達が信用できず、親が信用できず、
リストカットをはじめたのもこの辺りから
5年間ほど。毎日家に帰っては死ぬことを
考え、リストカットした腕は血だらけで
カットバンだらけでした。
死ぬことしか考えてなかったです。

バレー部に入っていた3年間は地獄でした。
バレーが下手な自分は足を引っ張り
まわりをイライラさせてどんどん壁ができました。

中学校時代、はじめてパニック発作が出て、
人前がさらに苦手になり、さらに
まわりといることがいやになり、自分を作り、
自分を隠し、楽しくもないのに笑ってました。

発作がとまらなくなり、皆とご飯も食べられなくなり暫く一人で保健室で食べていました。
楽しくないし、美味しくなかったです。

中学校時代が人生で一番辛く一番死にたかったです。

高校に入ると環境が変わったせいか、
人見知りも少しなくなり色んな人と
友達になることができました。

ですが、すごく信用していた心友
裏切られて、友達がまたよくわからなくなりました。その子とは仲直りしましたが、
もう連絡をとっていませんし、取ることもないです。

高校から5年皆勤でしたが、高校の卒業式は
またパニック発作で断念。

専門に入り、楽しいことが増えて、
色んなことが改善していき、嫌なことも
たくさんあったけど、楽しい日々でした。

ですがまた卒業制作のヘアメイクショーで
強い不安で出ることもできず皆に泣きながら
頭を下げて出るのを断念。

卒業目前、これではダメだなと、
心療内科に通い始め、診察とカウンセリング、
薬の投与をすることにしました。

そして現在5年間通い続けて中学校のときより
かなり改善してきています。

人を信用できるようになり、
家族とも本音を話せるようになり、
よくなってきています。

今は、目の前のことだけ見つめて、
生きたい。

死にたくない。

また綴ります。

半年ぶりの更新。

かなり久しぶりに更新します。

2018年になりました。

2017年も色々なことがありました。

エステティシャンという仕事に付き、自分と必死に格闘し、
進んでは止まり、涙を流し、自分を殺した時期も
たくさんありました。

仕事のことばかりで悩んだ日々。

正社員をやめてバイトに切り替えて、日がたち
ようやく自分を取り戻していきました。

最近はたまに発作が出ますが、
薬を飲めば落ち着きますし、通院の回数も
2ヶ月に1回ほどになりました。

またいつ暴走するかわからないので、
自分を大切に大切に毎日生きてます。

友達、家族、音楽、彼氏、職場の先輩たちに
たくさん支えられ、生きてる。

そんな毎日に感謝しながら、
2018年も私らしく生きます。

また書きます。

正しい道。

悩みの種がつきません。

帰ると決めたのに、
いざとなるとどうすればいいのか
どうしたらいいのか何が正しくて
頭がおかしくなりそうです。

病気と向き合うには、
地元に帰って家族といるのか
このまま一人暮らしを続けていくのか

いろんな人に相談したけど
答えは出なくて、

このままこの先どうしよう

この先の未来がまだ見えない

死ぬかもっていう恐怖心は
誰にわかってもらえばいいんだろう

吐いてないだけ

苦しい苦しい苦しい

共感。

最近、やっと仲のいい友達や
同じ病気もちの人に相談したり
言えるようになってきました。

前までは、母親にだけわかってもらえたら
それでいいと思っていましたが、
最近はやっぱり共感してもらいたいとか、
頼ることがどれだけ大事かに
気づくことができました。

一番わかってほしかったのは母親でしたが、
でも今は理解をして支えになってくれてます。

マイナス思考より勇気を出して
"頼ること"がすごく大事だと思います。

いざというとき、少し頼りやすくなったので
勇気を出して大事な人たちに頼って
よかったと思ってます。

心の負担はまだなかなかとれませんが、
いざというとき支えてくれる、頼りになる人は
必ずいるということ、、

まわりに感謝でいっぱいです。

もっともっと大事にしようと思います。

後悔の渦。

仕事をやめて、地元に帰ることにしましたが
本当はめちゃくちゃ後悔してます。

仕事もすきだし、だいすきな友達ばかりいるし、
皆になかなか会えなくなるし離れたくない。

でも、自分の体調が悪くなるたび、
帰らないとどうにもならないから、
これ以上は自分を守れないって思って。。

でも辛いし苦しい。。!!!

離れたくない!!仕事も友達も。。

だいすきだから。離れたくない。
でも仕方ない。でも嫌だ。

あーーーーーー!!!

もうやだ。

一時の私。

今日は、一時本当に死ぬか殺すかしか
頭になかった酷い常態の私を書きます。

結局体をまた壊して発作が酷くなり
会社をやめて地元に帰ることに
なりましたが、今の心境的には
会社をやめるというのは物凄く嫌です。

ですが体を守るためにやめざる終えない、
やめて帰るしか選択肢はもうないと思いました。

約1ヶ月前の私はかなり酷くて、
体調悪いが仕事行く➡日中異常に眠い➡
仕事終わる➡帰るときから死ぬしかない、皆殺してやる

の、繰り返しでした。。

これがこのまま続いてたら殺して犯罪者になっていたか、本当に自殺していたような気がして
本当に恐ろしく思います。。

やめるきっかけ、バイトにしてもらうきっかけを作ってくれたまわりの友達や家族に本当に感謝しかないです。もし誰もいなかったら、どっちかをしていました。かもでなく本当にしていたと思います。

休めない、やめられないしやめたくない、
やめてもまた同じことを繰り返すなら。。と
この常態はすごく危険だと気づきました。

やめることは後悔していますが、
死ぬか犯罪者になる前で本当によかったと
思っています。。

また書きます。